2017年10月 9日 (月)

Heliar Vintage Line 50mm F3.5

1900年、フォクトレンダー社のハンス・ハルティング(Hans Harting)は、トリプレットの3枚のうち、
前群と後群を貼り合わせにしたヘリアーを開発しました。さらに3年後には、貼り合わせ面の凹を凸に替え、
改良してダイナーとしましたが、第一次大戦後、ダイナー型を復活する際に、名前をヘリアーに戻しました。
ヘリアーは高級レンズとして知られましたが、同時期に、ライバルのツァイス社が開発したテッサーの方が、
貼り合わせが少なかったこともあり、圧倒的に普及しました。しかし、フォクトレンダー社にとっては、
レガシーなので、日本のコシナ社がフォクトレンダーのブランドを復活した後も、度々復刻してきました。

Heliar_1900color_heliar_3 Colorheliar_2

Heliar (1900)、 Color-Heliar (Dynar) Wikipediaより

クラシカルテイストのオリジナルデザインの外装が採用されたヘリアーが、昨年発売されました。これは、
101年目の2001年に、BESSA T HELIAR 101 YEARS MODELとしてカメラとセットで限定発売された、
沈胴式スクリューマウントのHeliar 50mm F3.5をVMマウントの固定鏡胴にしたもので、最短撮影距離も、
0.7mと短くなり、距離計にも連動します。そして、アメリカのThe Nikon Historical Society特注品の、
BESSA R2S NHS Specialとして限定発売されたモデルの鏡胴を踏襲した素晴らしいデザインです。

P1030468 Vm50mm3_5kosei
Heliar Vintage Line 50mm F3.5 VM, Voigtländer-Cosina レンズ構成図はコシナのHPより

距離計連動のレンジファインダー用レンズですので、ここは、Leica M10の出番です。もちろんα7IIでも、
周辺画像に問題はありませんが、鏡胴も細まっているので、ライカの方がデザイン的にはマッチしますね。

P1030467
Heliar Vintage Line 50mm F3.5 + Leica M10

明るさは、F3.5と控えめですが、非常にシャープで、豊かさも兼ね備えた味わいを楽しみましょう。
ライバルのテッサーも、三半が名玉ですから、この明るさに控えることは、何かあるのでしょうか。
近所の王子稲荷神社は、広重が江戸名所百景で「王子稲荷の社」として描いた神社ですので、同じ構図で。

100_views_edo_0181
歌川広重「王子稲荷の社」 Wikipediaより

L1009996
Heliar Vintage Line 50mm F3.5 + Leica M10 F5.6 1/60 ISO1600

豊かな色彩感とシャープさがよくわかります。

L1000005
Heliar Vintage Line 50mm F3.5 + Leica M10 F5.6 1/60 ISO2500

F3.5の開放でも、結構ボケの味わいもありますね。

L1009990
Heliar Vintage Line 50mm F3.5 + Leica M10 F3.5 1/60 ISO4000

現代的な写りとオールドらしい写りが共存しているとも言えますね。

L1000014
Heliar Vintage Line 50mm F3.5 + Leica M10 F3.5 1/45 ISO6400

全てJpeg無編集で、サイズ変更のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

Triplet 78mm F2.8

バブルボケで評判になったトリプレット型レンズの第二弾は、その名もズバリのTriplet 78mm F2.8です。
このレンズは、旧ソ連のミンスク機械工場MMZでプロジェクター用のレンズとして生産されたもので、
絞りとヘリコイドはありません。M42マウントに改造されたものを、eBayで送料込みで6900円程で、
即決落札しました。

P1030466_2 P1030465_2
Triplet 78mm F2.8 M42, MMZ
+ M42 Extension Tube 9mm + M42 Helicoid Adapter 17-31mm + M42 Sony E Slim Adapter

ピント合わせには、M42ヘリコイドアダプターが必要になります。そもそもバブルボケが注目されたのが、
焦点距離100mmのTrioplanだったように、焦点距離が長く遠近感が強い方がバブルボケが出やすいので、
78mmの中望遠のトリプレットも手に入れました。さらに近接撮影ができるように、M42のマクロ用の、
エクステンションチューブ9mmを挟んだので、無限遠から0.65mまでピントを合わせられます。
絞りはないので、開放F2.8のみでの撮影となります。

Dsc01094_2
Triplet 78mm F2.8 + α7II F2.8 1/640 ISO100

光の粒の大きさとピントの外れ具合がちょうどよいと、バブルボケが出てきます。

Dsc01090
Triplet 78mm F2.8 + α7II F2.8 1/1600 ISO100

しかも、このレンズは、バブルボケが少しグルグルするところもありますね。

Dsc01100_2
Triplet 78mm F2.8 + α7II F2.8 1/250 ISO100 (スクエアにトリミング)

バブルの滝が流れていきます。

歪曲収差は見られませんので、今回は、いずれも、JPEG無調整で、トリミングとサイズ変更のみです。
精細感は今ひとつで、ピントはピシッとはきません。フィルター枠がないのでフードもつけられませんが、
レンズは奥まっているので、そのまま撮りました。逆光ではフレアが出やすく、出来上がりは柔らかですね。
50mmのDomiplanでも、ヘリコイドアダプターかエクステンションリングを使えばバブルボケは出るので、
わざわざ中望遠にする必要はないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

Triplet / Domiplan 50mm F2.8

1890年、ツァイス社のパウル・ルドルフ(Paul Rudolph)は、低分散高屈折率のバリウムガラスを使い、
球面収差、コマ収差、色収差に加えて、像面湾曲と非点収差を十分に補正したアナスチグマートを発明し、
収差が残っていた古典レンズの時代に別れを告げました。後にProtarと呼ばれた2群4枚のそのレンズは、
しかしながら、あまり普及しませんでした。

529pxzeissprotartextsvg_2
Wikipedia英語版より

それは、1893年、イギリスのクック社のハロルド・デニス・テーラー(Horold Dennis Taylor)が、
トリプレットTripletを発明したからでした。トリプレットは、特別なガラスも使わず、貼り合わせもなく、
凸凹凸の3枚のレンズを離して配置するだけで、二つの色収差と五つのザイデルの収差を補正できるので、
非常に効率的だったのです。その後、この変形や発展形が数多く誕生しましたが、原形でも完成度は高く、
製造コストが安く済むことから、近年まで廉価品に採用されたり、また、中央部の解像力が抜群に高く、
ヌケもよいことから、その設計は多くの望遠レンズにも採用されました。

440pxcooketriplettextsvg_2
Wikipedia英語版より

最近になってトリプレットが注目されるようになったのは、Meyer-Optik Görlitz社のTrioplan 100mm
F2.8で撮影された写真のボケが、シャボン玉の様なバブルになって美しいとの評判が高まったからです。
Meyer-Optik Görlitz社は、1896年に、ドイツのドレスデンの東100キロ、ポーランドとの国境にも近い
ゲルリッツGörlitzで設立され、1913年に最初のトリプレット型のTrioplanの生産を開始し、その後も、
長らくトリプレット型のレンズを製作し続けたレンズメーカーです。戦後の社会主義の東ドイツ時代には、
ツァイス社などと合併させられてペンタコン人民公社の一員となり、レンズ銘もPentaconやPrakticarと
なりましたが、ドイツ再統一後に会社は消滅してしまいました。

Trioplanのバブルボケの評判が高まると共に、中古のTrioplanの価格が高騰、100年目を目前にして、
Meyer-Optik Görlitz社は復活し、現代の技術で再びトリプレット型のTrioplanの生産を開始しました。
そのお値段は、Trioplan 100mm F2.8が€1,499、50mm F2.9が€1,399、35mm F2.8が€1,599です。
バブルボケは確かに美しいのですが、ちょっと値段は高すぎますよね。そこで、探し出してきたのが、
同社が1960年代に製造していたDomiplan 50mm F2.8です。これは、同社のTrioplan 50mm F2.9の
後継モデルですが、すでに同社の全盛期が過ぎた時代の製品で、廉価品として販売されていましたので、
貴重なトリプレットですが、今でも、大変お安く手に入れることができます。

P1030464_2 Domiplan
Domiplan 50mm F2.8 M42, Meyer-Optik Görlitz レンズ構成図は「東ドイツカメラの全貌」より

ただし、この時代の製品は、あまり精巧には作られていないので、様々な不具合も出やすいようで、
今回入手したレンズも、絞りは開放のままで、絞ることができません。ただ、バブルボケを出すには、
開放にする必要がありますから、それが目的ならば、特に問題ありません。今回、ドイツのeBayで、
落札した値段は、不具合があるので、送料込みで2400円ほどでした。Domiplanのもう一つの弱点は、
最短撮影距離が0.75mと、バブルボケを出しやすい近接撮影が不得手なことですが、α7IIに装着する際に、
マウントアダプターをヘリコイド内蔵型にすることによって、簡単に解決できます。

P1030463_2
Domiplan 50mm F2.8 M42 + M42 Helicoid Adapter + M42 Sony E Slim Adapter + α7II

M42マウントですので、バックフォーカスは十分にあり、α7IIでも周辺画像の流れはありませんが、
元々、樽型の歪曲収差がほんの少しあるので、RAW現像時に、一眼レフ用の標準レンズということで、
Summicron-R 50mm F2のレンズプロファイルを適用すると、うまく歪曲収差が補正されました。

Dsc01022
Domiplan 50mm F2.8 M42 + α7II F2.8 1/60 ISO125
(Summicron-R 50mm F2のレンズプロファイル適用)

復刻版の80分の1の値段でも、美しいバブルボケが見られますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

α7IIで CONTAX Gレンズを使う

フィルム時代のCONTAX Gレンズも、フルサイズミラーレスのSony α7シリーズの登場によって、
フォーカシング機能付きマウントアダプターを利用すれば、そのままの画角で撮影できる様になりました。
ただ、HologonやBiogonといったバックフォーカスの短い対称型の広角レンズの場合は、
1. 周辺光量落ちが目立つ
2. 周辺が色被りする
3. 周辺画像が流れる
といった問題が発生するようで、Hologon G 16mm F8はサイレントシャッター限定で、かつ、
フィルムとの格差が顕著、Biogon G 21mm F2.8もかなり問題点が目立つようです。

周辺光量落ちと色被りについては、α7シリーズの各モデルによってその程度がかなり異なっているので、
画素数や裏面照射型かどうかというセンサーのテレセントリック特性に依るところが大きいと思いますが、
周辺画像の流れは、斜めに受光すると、センサー前のガラスフィルターによってピント面がズレて、
通常とは逆側に像面湾曲が発生することが原因のようです。

バックフォーカスに余裕のあるダブルガウス型のPlanar G 35mm F2と45mm F2については、
問題は起こらないと思っていたのですが、実際に撮影してみたところ、開放では、若干の周辺光量落ちと、
周辺画像の流れがみられました。これは、程度は少ないながら、やはり、センサー前のガラスフィルターの
影響があると思われます。しかし、さらに驚いたのは樽型の歪曲収差が見られたことです。

Planar35 Planar35_2
Planar G 35mm F2 + Sony α7II  F2 1/400 ISO100 右上隅の等倍

Planar45 Planar45_2
Planar G 45mm F2 + Sony α7II  F2 1/400 ISO100 右上隅の等倍

そこで、歪曲収差のないのが特徴の対称型広角レンズであるBiogon G 28mm F2.8の場合を見てみると、
なんと、こちらも樽型の歪曲収差が見られます。CONTAX G2でフィルム撮影したものには、もちろん、
歪曲収差はありません。これは、どうしたことでしょう。歪曲収差がないのがBiogonの特徴なのに、
その特徴をα7IIでは活かせないのです。

G2biogon28 7iibiogon28
Biogon G 28mm F2.8 + CONTAX G2 F2.8 と Biogon G 28mm F2.8 + α7II F2.8
G2biogon28_2 7iibiogon28_2
Biogon G 28mm F2.8 + CONTAX G2 F2.8 と Biogon G 28mm F2.8 + α7II F2.8

ここで気が付いたことがありました。α7IIでの撮影では、マウントアダプターを利用していることから、
レンズプロファイル(レンズ補正)が適用されません。そこで、LightroomでRAW現像を行う際、
レンズ構成の設計が近いBiogon ZM 28mm F2.8のレンズプロファイルを適用してRAW現像してみると、
周辺光量落ちと歪曲収差は見事に補正されました。Planar G 35mmと45mmについても、それぞれ、
Color-Skopar VM 35mm F2.5とPlanar ZM 50mm F2のレンズプロファイルを適用すると、
ここまで補正されました。

7iibiogon28_3 7iibiogon28rawzm
Biogon G 28mm F2.8 + α7II F2.8 jpeg と Biogon ZM 28mm F2.8のレンズプロファイル適用

Planar35_3 7iiplanar35rawskopar
Planar G 35mm F2 + α7II F2 jpeg と Color-Skopar VM 35mm F2.5のレンズプロファイル適用

Planar45_3 7iiplanar45rawzm
Planar G 45mm F2 +α7II F2 jpeg と Planar ZM 50mm F2のレンズプロファイル適用

つまり、α7IIとフィルムカメラでは、同じくフルサイズで撮影できるといっても、センサーの特性や、
センサー前のガラスフィルターの存在によって、そもそもの光学的条件が異なってしまうので、
フィルムカメラ用に設計されたレンズは、レンズ毎に適切に補正を掛けなければ、その本来の性能を、
α7IIでは発揮できないのです。そして、周辺光量落ちと歪曲収差は、RAW現像でのレンズプロファイルや、
カメラ内レンズ補正アプリの適用によって補正可能なものの、逆像面湾曲による周辺画像の流れは、
ソフトウェアでは補正できません。

Biogon G 28mm F2.8については、ライカMマウントに改造して、Leica M10にて撮影することで
解決しようと思いますが、α7IIでも大丈夫だと思っていたPlanarの2本については、周辺光量落ちと
歪曲収差はレンズプロファイル適用で補正し、周辺画像の流れは、絞って回避するしかないのでしょうか。
開放は、ボケを求める場合ですから、周辺画像の流れは、気にしないと割り切ればいいのでしょうが、
ここで、ety_oさんより大変興味深い情報が寄せられました。

センサー前のガラスフィルターによる逆像面湾曲を、新たに(正の)像面湾曲を発生させて打ち消せば、
周辺画像の流れはなくなるのではという考えです。戴いた情報によると、焦点距離1500mmの平凸レンズを
レンズフロントに追加することで打ち消せるということですが、そのシグマ光機製の業務用レンズは、
MC仕様で定価8750円(税抜き)とかなり高価で、レンズへの装着もやや面倒な部分もあるので、
ニコンのクローズアップレンズを使う方法を試してみました。

Nikon Close-up Attachment Lens No.0という絶版になった商品ですが、焦点距離は1400mmで、
厚みは7.5mm、シュヴァリエの風景レンズと同じ様に、色消しのダプレットの凸メニスカスレンズです。
メルカリで850円で手に入れた物は、箱にはCマークがありますが、レンズには .c の刻印がないので、
マルチコーティング仕様かどうか不明です。

Closeupno0 Stepup465255
Nikon Close-up Attachment Lens No.0 と Step-up Ring 46mm-52mm、52mm-55mm

フィルター径は52mmなので、Planar G 35mmと45mmには、46mm-52mmのステップアップリングを
噛ませれば装着できます。52mm-55mmのステップアップリングは保護を兼ねたフード代わりにつけます。
通常、クローズアップレンズを装着すると、最短撮影距離が縮み、焦点可能範囲が手前に移ることから、
無限遠のピントが合わなくなるのですが、CONTAX Gレンズの場合は、元々がオートフォーカスなので、
フォーカシング機能のあるマウントアダプターを利用することによって、オーバーインフが可能になるので、
この程度の倍率のクローズアップレンズならば、装着しても無限遠でピントを合わせることが出来ます。
それでは、クローズアップレンズを装着して、レンズプロファイルは適用せずに撮影してみましょう。

Planar35closeup Planar35closeup_2
Planar G 35mm F2 + Nikon Close-up Attachment Lens No.0 + α7II F2 右上隅の等倍
Planar35 Planar35_2
Planar G 35mm F2 + α7II F2 右上隅の等倍

Planar45closeup Planar45closeup_2
Planar G 45mm F2 + Nikon Close-up Attachment Lens No.0 + α7II F2 右上隅の等倍
Planar45 Planar45_2
Planar G 45mm F2 + α7II F2 右上隅の等倍

周辺光量落ちは残りますが、歪曲収差と周辺画像の流れは、開放でもかなり改善されています。
周辺光量だけRAW現像時に修正すれば、良好な画像が得られそうです。つまり、樽型歪曲収差は、
センサー前のガラスフィルターによる逆像面湾曲によって発生していたと考えられますね。
Biogon G 28mm F2.8に装着しても、歪曲収差と周辺画像の流れは改善されています。

Biogon28closeup Biogon28closeup_2
Biogon G 28mm F2.8 + Nikon Close-up Attachment Lens No.0 + α7II F2.8 右上隅の等倍
Biogon28plain Biogon28plain_2
Biogon G 28mm F2.8 + α7II F2.8 右上隅の等倍

クローズアップレンズありで、周辺光量のみ補正した場合と、クローズアップレンズなしで、
レンズプロファイルを適用した場合を比べてみました。クローズアップレンズを使用した方が、
周辺画像の流れがなくて、やはり良い結果になっていますね。(クリックで拡大します)

Biogoncu Biogoncu_2
Biogon G 28mm F2.8 + Nikon Close-up Attachment Lens No.0 + α7II F2.8 と 周辺光量補正

Biogon Biogonzm
Biogon G 28mm F2.8 + α7II F2.8 と Biogon ZM 28mm F2.8のレンズプロファイル適用

実は、シュヴァリエ風に、凸メニスカスレンズであるクローズアップレンズを、リバースリングを使って、
逆向きに装着すると、像面湾曲の修正効果が強まります。Biogon G 28mm F2.8の場合、逆向きの方が、
周辺画像はさらに良くなるのですが、歪曲収差がやや過剰補正されて結果がほんの少し糸巻型になるのと、
アタッチメントが伸びることから少しだけケラれてしまい、絞った時に目立ってしまいます。逆向き装着は、
樽型歪曲収差が目立つPlanar G 45mm F2の方が、ケラレの心配もなく適している様です。

Biogon28closerev Biogon28closerev_3
Biogon G 28mm F2.8 + α7II F2.8 Nikon Close-up Attachment Lens No.0 Reverse Setting

Planar45closerev Planar45closerev_2
Planar G 45mm F2 + α7II F2 Nikon Close-up Attachment Lens No.0 Reverse Setting

結局のところ、フィルムカメラ用のレンズをα7IIで利用するときは、周辺での色被りがなかったとしても、
バックフォーカスの短い対称型のレンズに限らず、それぞれ光学特性の変化の影響を考慮する必要があり、
周辺光量落ち、周辺画像の流れ、歪曲収差の程度によって、レンズプロファイルを適用してレンズ補正し、
必要なら、さらに絞って周辺画像の流れを回避するか、または、オーバーインフが可能な場合であれば、
クローズアップレンズを装着して、必要なら周辺光量を補正するといった対応が必要なようです。

そうすると、対応の良し悪しによって出来上がりに大きな差が生じるわけで、レンズ本来の性能とは、
一体何なのか、α7IIでは、よくわからなくなってしまいますねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

プレシジョンスポーツ チェーンとスプロケット交換

先週の日曜日に、プレシジョンスポーツのチェーンを、前日のブレーキシューに続いてを交換しました。
前回交換したのは2011年の大晦日ですので、だいぶ伸びているだろうと常々思っていましたが、
走行に問題もなかったので、そのまま走り続けて、なんと、21,596kmも走っていました。

さすがに、最近、トルクをかけると時々、ギアが歯飛びすることあったので、交換することにしたのです。
これまでは、シマノのCN-HG50を使っていましたが、廃番になってしまったので、今回は、
一つグレードを下げて、CN-HG40にしましたが、交換したら、歯飛びがさらに激しくなりました。

実は、チェーンが伸びてきて変速が必ずしもスムーズではなかったので、この1年程、街中を走る時は、
リアは5速のまま変速を行わず、フロントの変速のみで走っていました。
新しいチェーンに交換したら、リアが5速の時のみ歯飛びして、他のギアでは歯飛びしなかったので、
スプロケットの5速に負担がかかり続けてすり減ったと考えられます。これまでは、伸びたチェーンと
すり減ったスプロケットの組み合わせで、なんとなく走れていたのが、チェーンが新しくなったので、
すり減ったスプロケットと組み合わせたら完全に歯飛びするようになったという訳です。

そこで、Kaepaのフラットバーロードに元々ついていた、CS-HG50-8 12-25Tが余っていたので、
とりあえず、本日、交換してみました。従来のスプロケットの走行距離は、28,631kmでした。
取り付けたスプロケットはロード用ですから、クロスレシオですが、同じ8速なので付きます。
チェーンもスプロケットも新しくなり、歯飛びはなくなりましたが、7速から6速へ変速が、
今ひとつスムーズではなかったので、7速と8速は、もとの11-30Tのスプロケットの11Tと13Tを残して、
全体で11-25Tのスプロケットに修正したところ、全体の変速がスムーズになりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«プレシジョンスポーツ ブレーキシュー交換