« S88在線検知を使った自動運転 | トップページ | 東ドイツの01型蒸気機関車 »

2016年9月18日 (日)

二期会のトリスタンとイゾルデ

今日は、上野の東京文化会館で、二期会のトリスタンとイゾルデを聴いてきました。
オペラは、新国立劇場のトリスタン以来ですけど、もう6年も前のことなんですね。
最近は、演奏会形式のトリスタンの上演も多く、行きたかったのですが、行けずじまいで、
やっと聴けたという感じです。

Header_tristan2016

TRISTAN UND ISOLDE

Conductor: Jesús López-Cobos***
Stage Director: Willy Decker***

Tristan: Bryan Register***
Isolde: 横山恵子***
König Marke: 清水那由太***
Brangäne: 加納悦子***
Kurwenal: 大沼 徹**
Merot: 今尾 滋*
Ein Hirt: 大野光彦*
Ein Steuermann: 勝村大城
Stimme eines jungen Seemanns: 新海康仁*

まずは、演出が、ヴィーラント・ワグナーのようにシンプルな舞台装置で抽象化し、
音楽の流れや変化にあわせて演技させていたことで、音楽を壊さない良いものでした。
最近のドイツ系の演出は、極端な読替えを行って、音楽の進行を無視する演出が多く困りもので、
バイロイト音楽祭の衛星中継などもテレビ画面は消して、音楽だけ聞いたりしていますが、
今日は、往年のポネルの様に、音楽を生かしているので、好感が持てました。

指揮者は、芸術家というよりは職人という感じで、いかにも劇場の演奏でしたが、
これだけの作品を十分に掌握して、きっちりコントロールしていました。
歌手では、まず第一にブランゲーネが出色で、世界的にも最高の部類に入るのでは。
歌唱に加えて演技も素晴らしかったです。続いて、イゾルデが、これまた世界的レベル。
この難役をいとも簡単に歌い上げ、そのパワー、存在感に圧倒されました。

トリスタンは海外からのゲストでしたが、1幕2幕はややセーブしている感じがしましたが、
3幕は全開でなかなかよいトリスタンを聴かせてくれました。(2幕のカットあり)
マルケ王は、バスの深〜い歌がよく響いて美声でした。あとは、王の慈しみが滲むかどうか。
クルヴェナール以下の脇もしっかり支えており、全体の水準は、とても高かったです。

そうそう、オーケストラの読売日響も良かったです。昨年は、カンブルランの指揮で、
演奏会形式で演奏していることもあって、音楽をちゃんと掴んでいました。
各幕の開演直前まで、ソロパートを必死に練習している気合もいいですね。

わざわざ生演奏を聴きに行きたいオペラは、もう、トリスタン位になってしまった感じですが、
やはり、生で聴くのはいいですね。聴く方も、それなりの緊張感を持てるのが良いようです。
今日の二期会のトリスタンは、日本でのワグナー上演の水準の高さを示すものでした。

|

« S88在線検知を使った自動運転 | トップページ | 東ドイツの01型蒸気機関車 »

オペラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二期会のトリスタンとイゾルデ:

« S88在線検知を使った自動運転 | トップページ | 東ドイツの01型蒸気機関車 »