« 2017年4月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年6月

2017年6月 4日 (日)

Q極の力メラの先のレンズ沼

デジタルで28mmの広角で撮影する機材を求めて、究極のLeica Qを手に入れた訳ですが、
28mに関しては、現状考えられる理想であることには間違いありません。

ところが、今年、Leica M10が発売になりました。
これまで、デジタルのLeica M型カメラは、フィルム時代のM型よりもボディーの厚みが
増したことから食指が動きませんでした。(もちろん価格のせいもありましたが!)
Leica Qが気に入った理由のひとつに、ボディーの厚みが、フィルム時代のLeica M型と
同じだったこともありました。そして、今度のLeica M10も、フィルム時代のLeica M型と
ほぼ同じボディーの厚みとなり、ライブビュー機能も実用的になったのです。

Leica Qはレンズ一体型であるので、我が家のクラシックカメラコレクションの昔のレンズや、
フィルム時代の名レンズ、CONTAX Gシリーズのレンズが使えるわけではありません。
しかし、Leica M10ならば、これらのレンズがフルサイズで使えるではありませんか。
特に、Sony α7シリーズ では、周辺画像が流れてしまうレンジファインダー用の広角レンズが
かなり実用的に使えるらしいのです。

デジタルでの撮影をあきらめていたCONTAX G Biogon 28mm F2.8も、
Mマウントに改造すれば実用的に使えるとなれば、食指が動いてきます。
もちろん、28mmのみに限れば、Leica Qの方が総合的に優れているのですが、
Biogonも含めて、様々なオールドレンズがそのままの画角で使えるのであれば、
それはそれで大変面白そうです。

幸い、クラシックカメラコレクション財団の予算が取れたので、Leica M10を発注しました。
4ヶ月以上たった現在も、入荷時期はまったくの未定ですが、Leica M10を前提に、
レンズの拡充も図ることにしました。まずは、CONTAX GレンズのMマウント改造です。
宮崎光学MSオプティカルさんが定番ですが、台湾のHawk's Factoryのヘリコイドを利用して、
日本のプリコラージュ工房Noctoさんも改造を請け負っているので、
こちらにお願いしてみることにしました。

自前のBiogonは、CONTAX G2ボディーでも使いたいので、別にもう一つ、
ネットオークションで落札したものでお願いしました。ヘリコイドの色合いは微妙ですが、
しっかりした造りなので、華著なMSオプティカル版よりも実用的でしょうか。
Planar 35mm、Planar 45mm、Sonnar 90mmに関しては、そのまま自前のレンズを
Mマウントに改造し、Leica M10用にしようと思いましたが、一本6万円強の改造費用を考えたら、
新たにSony α7IIとマウントアダプターを買った方が安いことに気が付きました。

Biogonは、α7シリーズではダメなのですが、ダブルガウス型のPlanarや望遠のSonnarならば、
α7シリーズでも周辺画像の流れやマゼンタ被りなく撮影することができるのです。
ということで、デザインも初代よりはよくなって、5軸の手振れ補正がついて
キャッシュバックキャンペーンも実施中のα7IIもポチってしまいました。

P1030419

Leica M6 + Biogon G(LM) 28mm F2.8
Sony α7II + Planar G 45mm F2.0
CONTAX G2 + Biogon G 28mm F2.8

α7IIがあると、レンジファインダー用の広角以外は何でも写せてしまうので、
さらに様々なレンズに興味が出てきてしまいますね。
こうして、Leica M10を注文したら、まだ入荷もされていないのに、α7IIを買って、
レンズ沼にハマってしまったというお話でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年8月 »