プレシジョンスポーツ

2017年11月12日 (日)

プレシジョンスポーツ 4万キロ突破でクランク交換

プレシジョンスポーツのチェーンとスプロケットを交換して、後輪の歯飛びはなくなったのですが、
非常に強いトルクをかけたり、段差を越えながらペダルを漕いでいると、クランク側で歯飛びするので、
4万キロ走破のご褒美で、オリジナルのスギノ製のクランクを交換することにしました。

Img_1001
スギノ製のオリジナルクランク

交換したのは、シマノ製のACERAクラスのFC-M361です。ACERAは、今や9速になってしまったので、
8速用の旧モデルも在庫限りかもしれませんので、まあ、よいタイミングだったと思います。
クランクの交換には、専用工具なども必要なので、サイクルベースあさひのお店に交換作業を頼みました。
旧パーツを取り外すのが、大変そうでした。クランクに伴って、BBカートリッジも交換しました。

Img_1003_2
シマノ製ACERAクランク FC-M361

交換したら、もちろん歯飛びはなくなり、また、剛性が高くなり、思い切りトルクもかけられるので、
いい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

プレシジョンスポーツ チェーンとスプロケット交換

先週の日曜日に、プレシジョンスポーツのチェーンを、前日のブレーキシューに続いてを交換しました。
前回交換したのは2011年の大晦日ですので、だいぶ伸びているだろうと常々思っていましたが、
走行に問題もなかったので、そのまま走り続けて、なんと、21,596kmも走っていました。

さすがに、最近、トルクをかけると時々、ギアが歯飛びすることあったので、交換することにしたのです。
これまでは、シマノのCN-HG50を使っていましたが、廃番になってしまったので、今回は、
一つグレードを下げて、CN-HG40にしましたが、交換したら、歯飛びがさらに激しくなりました。

実は、チェーンが伸びてきて変速が必ずしもスムーズではなかったので、この1年程、街中を走る時は、
リアは5速のまま変速を行わず、フロントの変速のみで走っていました。
新しいチェーンに交換したら、リアが5速の時のみ歯飛びして、他のギアでは歯飛びしなかったので、
スプロケットの5速に負担がかかり続けてすり減ったと考えられます。これまでは、伸びたチェーンと
すり減ったスプロケットの組み合わせで、なんとなく走れていたのが、チェーンが新しくなったので、
すり減ったスプロケットと組み合わせたら完全に歯飛びするようになったという訳です。

そこで、Kaepaのフラットバーロードに元々ついていた、CS-HG50-8 12-25Tが余っていたので、
とりあえず、本日、交換してみました。従来のスプロケットの走行距離は、28,631kmでした。
取り付けたスプロケットはロード用ですから、クロスレシオですが、同じ8速なので付きます。
チェーンもスプロケットも新しくなり、歯飛びはなくなりましたが、7速から6速へ変速が、
今ひとつスムーズではなかったので、7速と8速は、もとの11-30Tのスプロケットの11Tと13Tを残して、
全体で11-25Tのスプロケットに修正したところ、全体の変速がスムーズになりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

プレシジョンスポーツ ブレーキシュー交換

前回のブレーキシュー交換から、17,002km走り、かなりすり減ってきたので交換しました。
前回と同じ、Tektroの824.12 BR-TK-146です。

これは、とてもよく止まるのですが、あまりに効きすぎて、フルブレーキすると、ロック回避のため、
後輪のモジュレーターが作動し、逆にブレーキングが弱まってしまう現象がよく出ていました。

そこで、後輪用の片方だけを、Tektroよりは効きの弱いShimano M70T4に交換して、
うまくモジュレーター作動を回避していましたので、今回も、後輪は、片方だけShimanoとなりました。

Dsc03143_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

Continental GatorSkinで1.5万キロ走破

プレシジョンスポーツに装着しているContinental GatorSkin(ワイヤービート)も、15111キロ走って、
写真のようにすり減って、サイドのDuraSkinも剥がれかかってきたので、交換することにしました。

Img_0922 
Img_0924


しかし、約2年半で、1.5万キロ以上も走破できたのですから、驚異的な耐久性ですね。
Continentalのタイヤは、乗り心地も良く、耐久性が優れていて、ほんとに素晴らしいです。
交換したのも、同じGatorSkinですが、今度は、一本あたり60g軽量のケブラービートの700x28cです。
さて、こちらは、どれくらい走れるでしょうか。

Img_0920


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

プレシジョンスポーツ 3万キロ突破

プレシジョンスポーツの総走行距離が3万キロを突破しました。
8年乗っていますが、カスタマイズしつつも、丈夫に走ってくれています。

しかし、台湾のVelo社製のあさひオリジナルのサドルも、もうボロボロになってきました。

Img_0823_2

レーサーパンツを履かずに普段着で乗る場合がほとんどのプレシジョンスポーツですので、
クッションの効いているこのサドルは、とても乗りごごちが良かったのですが、交換しました。

交換用のサドルは、2654円のイオンバイクのオリジナル品のVL-3135です。
これも、台湾のVelo社製と思われますが、イオンバイク用のはデザインがシンプルです。

Img_0824

クッションは薄めですが、形状がよいので、座り心地はとてもよく、スポーティでカッコいいですね。
これは、満足です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

プレシジョンスポーツ タイヤとブレーキシュー交換

プレシジョンスポーツに付けているタイヤのContinental Grand Prix 700x28c ワイヤービートも、
9,909キロ走って、タイヤのトレッドが無くなってきましたので、交換することにしました。
新しいタイヤは、同じContinental のGator Skin 700x28c ワイヤービートです。

Img_0646Img_0652

磨り減ったGrand Prix と、新しいGator Skin

これまでのGrand Prix は、有名な4000Sの弟分で、ブラックチリコンパウンドで、PolyXBreakerの180TPI、340g。
Gator Skin は、GP 4 Season の弟分で、PolyXBreakerにDuraSkinの180TPI、360g。
ちょっと重くなりますが、耐パンク性能は向上します。丈夫そうでいい感じです。

ついでに、Tektro RX-1のミニVブレーキのシューも交換しました。
これまでのブレーキシューは、シマノのS70Tで、11,221キロ保ちました。
これは、晴天の性能はいいのですが、ミニVブレーキとは微妙に規格が合わず、
ブレーキワイヤーを目一杯きつく張らないといけなかったのですが、
今回、Tektroの824.12 BR-TK-146という安いシューに交換しましたが、
規格はピッタリで、ブレーキワイヤーは、普通に張って十分に性能がでました。

Img_0645

TektroのVブレーキは、なかなかよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

見沼代用水東縁西縁周回

見沼代用水の東縁は、緑のヘルシーロードとなっていますが、
西縁にも遊歩道などがあって、ポタリングが出来そうなので、
東縁西縁を周回してきました。

見沼代用水東縁西縁周回 at EveryTrail


芝川サイクリングロードを北上し、外環道で西にそれて、西縁の起点に向かいます。
用水路自体は、埼玉県南区の小谷場まで続いていますが、ポタリングは、芝支所から。
坂下橋の近くからは、フラワーロードという遊歩道が始まります。

Photo_5

外環道の下の、芝支所から西縁のポタリング開始

Photo_7

坂下橋近くの遊歩道

そのまま西縁に沿って北上を続けると蓮田で、東縁と合流します。
今日は、そこから東縁の緑のヘルシーロードを南下して、芝川経由周回してきました。

PrecisionSport C
74.58km
Avg 19.9km/h Max 32.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

プレシジョンスポーツ 2万キロ突破

ドイツ自転車旅行という大目標を達成した後は、色々な事情もあって、
自転車に乗る機会が減ってしまいましたが、最近また乗る機会が増えてきました。

そして、プレシジョンスポーツでの総走行距離が2万キロを突破しました。
オリジナルバージョンで、10163km
手組みホイールに交換したSバージョンで、1645km
オリジナルホイールにシクロクロス用タイヤのXバージョンで、157km
Continental Grand Prixに交換したCバージョンで、8041kmです。

オリジナルのKenda Kwestは、よく保つタイヤでしたが、
高級タイヤのContinental Grand Prix 700x28C(ワイヤービート)もよく保ちますね。

5台自転車を持っていますが、結局、気楽に乗れるプレシジョンスポーツに一番多く乗っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

治水橋周回

今日は、荒川の左岸を上流に向かって走り、治水橋で右岸に渡って周回してきました。
まだ、至る所で工事をしていました。五月末までかかりそうです。
左岸の笹目橋の下流よりの土手が工事中で、河川敷に下りると、
橋の上流側で土手上にすぐには上がれず、タコツボマット区間をはしることになります。

Img_0499

28Cのタイヤでしたので、何とか通過出来ましたが、非常に走りにくく、23Cのタイヤでは無理かも。
ビンディングペダルも駄目かもしれません。その場合は、河川敷に下りずに、車道へ下りるしかありません。

秋ヶ瀬公園のなかの道路は、車がいつも飛ばしているので、私は、公園の外側の土手上を走ります。
しかし、羽根倉橋にたどりつくところの最後がダートになっていて走りずらかったのが、舗装されました。

Img_0504

これで、土手上コースが万全になりました。

治水橋で右岸に渡って下流に戻りましたが、羽根倉橋治水橋間の土手上の工事はだいぶ進捗して、
舗装区間が長くなってきました。あともう少しですね。
笹目橋と戸田橋の間も工事で、一部区間は、土手の外の区道へ迂回です。

Img_0509

そして、岩淵水門から鹿浜橋の間も工事中で、河川敷に下りては駄目で、土手上を走り、
鹿浜橋の手前で、荒川から隅田川沿いに迂回することになります。

Img_0510

ここでの発見は、従来、隅田川沿いのルートが、荒川に連結する最後の区間がダートになっていたのが、
今回の工事の関係か、すべて舗装されてつながったことです。
今日は、そのまま隅田川沿いに走って帰ってきました。

Precision Sports C
62.42km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

荒川左岸、鹿浜橋ー新荒川大橋間の土手上舗装化

昨日、荒川右岸を上流に走り出したら、鹿浜橋と岩淵水門の間が工事中で河川敷も土手上も不通。
そこで、鹿浜橋を渡って左岸を上流に向かい、レストランさくらの前を通り、芝川水門を越えたところ、
従来、砂利道だった土手上が舗装されていました。

この区間は、河川敷も一部ダートがありますが、砂利道よりはマシなので、従来はゴルフ場横に下りて
走行していましたが、景色のよい土手上を走ることが可能となりました。

Img_0493

写真は、新荒川大橋との中間点の、従来の砂利道が終わるところから鹿浜橋方向に撮影したものです。

今日は、新砂方面へ、荒川の右岸をを下流に向かって走りましたが、千住新橋を越えた所が工事中。
右岸は堀切橋の先まで、エスケープの少ない土手下の車道を走ることになります。
工事は、五月末に終わる予定ですが、それまでは、この区間は、左岸に迂回した方がよさそうです。

Img_0494

Precision Sports C
27日 20.62km Avg 18.1km/h Max 41.6km/h
28日 42.35km Avg 21.2km/h Max 39.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧