メルクリン

2016年9月22日 (木)

東ドイツの01型蒸気機関車

昨年は、ドイツ統一25周年ということで、メルクリンから、旧東独の01型蒸気機関車のモデルが
いくつか発表されました。旧東ドイツでは、戦前の01型蒸気機関車を改造して、
BR 01.5型として戦後も長らく活躍していました。

子供の頃、ハンブルクに住んでいた時に、ハンブルクから西ベルリンまで列車で旅行しました。
西ドイツ領内はディーゼル機関車牽引でしたが、東ドイツ領内に入ると蒸気機関車牽引に替わり、
東ドイツ内では、写真を撮るのは難しかったので、西ベルリンに到着して慌てて写真を撮りました。
その時、牽引していたのが、BR 01.5型でした。

さて、昨年限定発売された39205は、1967年ごろのBR 01.5型で、ソ連製のボックス動輪です。

39205

そして、今年の夏モデルとして発表され、10月発売予定の39207は、Zollernbahn鉄道愛好会が、
昨年、動態復元したBR 01.5型で、スポーク動輪に戻っています。

39207

さらに、今年の秋モデルとして限定発売された39206は、1975/76年ごろのBR 01.5型で、
型式表示がEpoche IVとなっていて、車両番号は、01 0505-6となっています。

39206

この3モデルの違いわかりますか?微妙ですね。39206もスポーク動輪です。
そこで、昔の写真を探して、自らが撮影した現役の01型蒸気機関車を見つけました。
カラーで撮影したのですが、もう色が抜けってしまったので白黒写真としてデジタル化しました。

Img_0833

Img_0834

なんと、その蒸気機関車も、01 0505-6ではありませんか。
自分が乗った機関車を、メルクリンはモデル化してくれたのです。いや〜、びっくりです。
さらに、向かいのホームに止まっていた別の機関車も撮影。01 0525-4で、スポーク動輪でした。

Img_0835

Img_0836

53型貨物用蒸気機関車の写真も発見されました。

Img_0838


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

S88在線検知を使った自動運転

これまでは、DesktopStationで、時間による信号機とポイントの制御で自動運転を実現していました。
この方法では、時間経過によるストーリーをスクリプト化するので、プログラムを書いた分だけ
自動運転されることになります。

しかし、在線検知を利用すると、ストーリーではなく、その時の状況に応じて信号機やポイントを
制御できるので、簡単なプログラムで、永久自動運転も可能になります。
メルクリン用の在線検知モジュールは、メルクリン純正や、Viessmann社の互換品も高価ですので、
これまで導入していませんでしたが、DesktopStationのやあさんは、DesktopStaionも採用している
s88-NというLANケーブルでの接続が可能なモジュールとして、ドイツのLDT社のRM-88-Nを、
紹介されています。(鉄道模型市でもデモに使っていました)

しかし、LDT社のモジュールは割安なのですが、送料がDHLになって、かなりかかってしまいます。
そこで、S88在線検知モジュールをいろいろと探してみましたら、ドイツであと2社見つけました。
IEK社のS88 CAT-5はお安いのですが、LANケーブルの仕様がs88-Nではなく独自仕様ですので、
そのままDesktopStationに接続することができませんので注意が必要です。
tams elektoronik社のS88-3 | s88-Rückmeldemodulは、価格はLDT社とほぼ同じですが、
送料が安いので入手してみました。こちらは、s88-N接続対応です。

Dsc03071_3

それでは、4つの番線に、それぞれ改造したCトラックの在線検知レールを設置してみましょう。
それぞれの番線に車両が入線することをトリガーに、向かいの番線の信号を青にして、
ポイントも空いた番線へ切り替えます。ブレーキングモジュールも有効ですので、
列車が発車したあとは、再び番線の信号は赤に戻すというイベントプログラムを作ります。

こうすると、両方向に移行区間を設けたブレーキングモジュールによって、どちらの方向から来ても、
列車がホームに入線すると停車し、次にホームの反対側の列車が発車することになり、これは、
列車が動いている限り、列車が番線を入れ替えながら永久に継続していきます。
ホームの通過がなくて、すべての列車が必ずホームで停車してしまうのが玉に瑕ですが、
動画で見てみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

ブレーキングモジュールを組み込んだ自動運転

リビンクの出窓部分にエンドレスのレイアウトを作ってみました。
信号機を4つ設置して、それぞれにブレーキングモジュールを導入しました。
通常、ブレーキングモジュールには、移行区間、ブレーキング区間、緊急停止区間を設置しますが、
双方向に利用できるように、緊急停止区間は設けずに、両側に移行区間を設置しました。

この場合、ブレーキング区間で止まりきれないと、赤信号にもかかわらず、通過してしまいますので、
機関車のスピードと、機関車の減速パラメータをきちんと事前に調整する必要があります。
機関車の減速パラメータの調整範囲は非常に広いので、急停車から2メートル以上のゆっくりとした
減速まで自在に設定が可能ですが、機関車ごとに、実際のスピートが異なるので、実験を繰り返して、
最適なスピートと減速パラメータの値を見つけ出すことが肝心です。

DesktopStationを使うことによって、スピードは機関車毎に細かく正確に設定することができます。
今回も、Desktopstationのスクリプトで、時間による信号機制御の自動運転プログラムを組みました。
ホームを設置して、列車が走ると、グッと盛り上がりますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

MZI製メルクリン用ブレーキングモジュール

信号機による停車は、アナログ時代には、メルクリンの列車制御の王道でしたが、
デジタル時代では、赤信号の絶縁区間では、惰性走行が少なくなり急停車になることと、
サウンドファンクションが働かないことから、蒸気機関車など走行音が途絶えてしまうという
大きな問題が起きてしまいます。

そこでメルクリンデジタルでは、ブレーキングモジュールを使って、徐々に減速し、
停車してもサウンドが途切れない対応をとったのですが、この配線が非常に複雑で面倒です。
しかも、信号機1台につきブレーキングモジールが1台必要で、値段も結構します。

詳しい配線方法などは、日本のメルクリンショップのHRSさんのHPに詳しいので、
そちらを見ていただきたいのですが、移行区間、ブレーキング区間、緊急停止区間をそれぞれ区切り、
モジュールから配線して、それをコントロールホックスかk83デコーダーで制御します。

今計画中の大規模レイアウトでは、5台の信号機を使う予定ですが、費用対効果を考えると、
そのために、高価なモジュールを5台も買うのはどうも割にあいません。
しかし、在線検知モジュールも安くはありません(但し、1台で16箇所検知できる)し、
列車が入れ替わる場合、プログラミングも複雑になってしまう問題もあります。

安価にブレーキングモジールを導入できないか調べていたら、オランダの愛好家が自作の
メルクリン用ブレーキングモジールの回路図を公開しているのを発見しました。
電子工作が得意ならば、この回路図を見るだけで、秋葉原で部品を買い集めて自作できそうですが、
あいにく、電子工作は全く未経験で、何のことやらチンプンカンプンです。

ところが、日本でMZI Net Shopという電子工作の製作代行を行っているところがあり、何と、
この方は、ご自身でメルクリン等の鉄道模型も行っていて、知識、技量ともとても期待できそうです。
早速、回路図を送って製作をお願いしたところ、快諾してくださり、すぐにモジュールが送られてきました。

まずは、アナログの ボタン式のコントロールボックス7072を使って、信号機とモジュールを動かすと
うまく作動して、急停止せずに、徐々にブレーキがかかり、またサウンドも鳴っています。
次に、デジタルのk83デコーダーにつなぎかえると、信号機は作動しますが、ブレーキがかかりません。
モジュールのリレーがk83デコーダーに反応しないので、ブレーキングのオン・オフが切り替わりません。

MZIさんに状況を説明したところ、k83デコーダーの仕様を色々と丹念に調べていただき、
リレーに接続する電極の極性が逆であることが判明、部品の取付けを修正してもらいました。
すると、k83デコーダーでもバッッチリ、ブレーキングが動作するようになりました。

Dsc03070_2

ブレーキングモジュールの効果を動画で撮ってみました。
簡単な周回レイアウトですが、画面奥(上部)の信号機は、ブレーキングモジュールのない信号機で、
画面手前(下部)の信号機は、MZI製メルクリン用ブレーキングモジールを設置した信号機です。
最初に、奥の信号機で急停車し、蒸気機関車の走行音も途絶えて、また、青信号では急発車します。
ぐるっと回って、次に手前の信号機では、サウンドもブレーキ音となって徐々に停車、蒸気音も継続、
青信号での発車も徐々に蒸気音と共にスピートを上げていきます。

ブレーキングモジールの効果は絶大ですね。特に、蒸気機関車の場合は歴然とします。
MZIさんに頼んだことで、費用対効果も納得できました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

Desktop Stationで自動運転

メルクリンで自動運転する場合、機関車を定まった場所で停止させるには、信号機か、
在線検知を利用します。在線検知には、検知用レールとs88在線検知モジュールが必要で、
メルクリンのCトラックの場合、検知用レールは、レールの一部を絶縁するだけで作れますが、
s88検知モジュールは、メルクリン純正(初期型6088、旧型60880、新型60883)や、
Viessmann社互換品5217を導入する必要があり、いづれも高価です。

そこで、今あるアナログの腕木式信号機を使った自動運転に挑戦してみることにしました。
従来は、7072のアナログのボタン式コントロールパネルで赤青を切り替え、
赤に連動して停止区間の線路を絶縁し、機関車を停止させることが出来ました。

これらのアナログ式の信号機やポイントをデジタルに組み込むには、
初期型k83デコーダ6083や、旧型60830、新型m83デコーダ60831が必要になります。
中古のk83デコーダ2台がドイツのオークションに出品されていたので、早速落札しました。
1台のデコーダで4個の信号機やポイントをMS2やCSを使って操作できるようになります。
つまり、Desktop Stationでも操作できます。

Desktop Stationのイベントスクリプト機能を使って、自動運転プログラムを作ってみました。
3台の機関車が4つの分岐(内一つはループ)を行ったり来たりして、相互に入れ替わります。
そして、サウンドファンクションのある機関車は、時々、汽笛を鳴らします。
動画を撮影しましたので、ご覧下さい。



これ、スタートのワンクリックだけで、あとは全て自動で運転されています。
Desktop Stationの機能、すごいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

メルクリンデジタルにDesktop Station導入

我が家のメルクリンデジタルは、MS2(Mobile Station2)を2台使って運転しています。
レイアウト上の4列車のうち、切り替えて2列車を同時にコントロールしながら、
さらに4つのポイントを操作するのは非常に大変で、ミスなく運転するには、
繰り返しの練習が必要でした。

Central Stationを導入すれば、iPadやiPhoneとリンクし、タッチ操作でもコントロールできますし、
レイアウト画面を使えば、ポイント操作も判りやすくなります。さらに、メモリー機能を使えば、
複雑な運転も相当に楽になるのですが、お値段が高くて、導入には至っていませんでした。

すると、今年のメルクリンの新製品として、CS3(Central Station3)が登場することになりました。
本体もスマホと同じようなタッチパネル式になって、CPUの性能も格段に向上しているようです。
いつかはCSを導入して、自動運転まで取り組みたいと考えていましたので、CS3の登場で、
いよいよ踏ん切りをつけようと思い、CS3の情報を集めてみました。

そうしたら、日本でDesktop Stationというソフトとコントロール機器を開発している方の
ブログを発見しました。Desktop Stationは、DCCとメルクリンデジタルをコントロールできる
Windowsアプリケーションで、WindowsPCと鉄道模型の接続用のコントロール機器も、
シンプルで格安なものから、本格的なものまで、いくつかラインナップされています。

その中に、メルクリンMS2&60113接続キットというものがあり、これを利用すると、
MS2とコネクターボックスの60113があれば、CSと同じようなことにメルクリンデジタルを
コントロールできるのです。オリエント急行を購入し、予算的に厳しくなっていることもあり、
俄然、こちらに興味が出てきました。

運良く、4月29日に、浅草で開催される鉄道模型市に出展されるとのことでしたので、
実際に見てきました。システムは素晴らしく、開発者の方のお人柄もとても良かったことから、
導入することにしました。

しかし、我が家はMacですので、Windowsパソコンがありません。
割安で導入できるところに意味があるので、パソコンもコストパフォーマンスを追求して、
Windows10内臓のスティックPCを購入することにしました。
当初の設定には、余っていたキーボードとマウス、液晶テレビを活用しましたが、
その後は、Team Viewerを使えば、iPadでリモート操作が可能になるので、
あたかも、iPadがWindowsタブレットになった如く使うことができます。

さて、スティックPCにDesktop Stationをインストールし、接続キットを利用して、
メルクリンデジタルと接続すると、最初は、Desktop Stationで機関車を認識できず、
また、デジタルの電動ポイントも動きませんでした。あれまー。

開発者のやあさんにメールでお聞きすると、すぐに、
「mfx機関車は、他のコマンドステーションで設定されていると、状況によっては数日、
反応しないケースが有ります。しばらく置くか、また数日経ってからお試しください。
ポイントは、デフォルトではDCC用になっています。設定画面で「DCCポイントを使用する」
のチェックを外すと、メルクリンポイント用に動作します。」とお返事がありました。

MS2に機関車を登録してすぐの場合、Desktop Stationで認識できない場合があるようですが、
お返事の通り、3日ほどしてから、接続しなおしたら、無事、mfx機関車も認識できました。
また、ポイントも、設定画面のチェックマークをハズしたら、バッチリ作動するようになり、
iPad上のレイアウト画面でのポイント操作や、スピードメーター画面で機関車のコントロールが
実に簡単にできるようになりました。

さらに、WebAppを使えば、同じWifiにつながっているiPhoneでも操作ができます。
当初、機関車操作は、DCCとメルクリンMM2のみで、mfx機関車は操作できませんでしたが、
開発者のやあさんにお願いしたところ、すぐに対応していただけました。
迅速な対応に大感謝です。

こうして、当初の目的は、アッと言う間に達成できてしまいましたが、Desktop Stationでは
自動運転を行う為のイベントプログラムも作成できるようになっています。
次は、プログラミングに挑戦してみましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

オリエント急行牽引機関車

オリエント急行の客車を入手したので、牽引用の機関車も探すことになりました。
お目当は、プレミアム品となっている2012年のニュルンベルクのメッセ限定モデルの、
旧バーデン大公国邦有鉄道IVh型蒸気機関車の18.3型です。

ドイツのオークションで地道に探していたところ、なんと定価よりも安い値段で落札できました。
Mトラック用の転車台にたたずむ優雅な姿をご覧ください。

Dsc03069


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

メルクリンのオリエント急行

メルクリンはドイツの鉄道模型なので、ドイツが誇るラインゴルト(ラインゴールド)のモデルは、
看板商品ですが、オリエント急行とは、あまり縁がありませんでした。
HOゲージでは、以前1920年代初期の茶色の木製客車のモデルが、極短期間販売されていましたが、
あのブルーのオリエント急行のモデルはありませんでした。

ところが、今年の限定モデルとして、1928年仕様のブルーのオリエント急行の客車セット42795が
TRIX製品のメルクリンバージョンになりますが、発売されました。
厳密に言うと、パリからウィーン、ブタペスト、イスタンブールに向かうオリエント急行ではなくて、
パリからドイツ経由チェコのプラハへ至る同じワゴンリ社の急行列車ですが、車両は同じです。
まあ、ドイツ版のオリエント急行ということで、メルクリンから発売になったようです。

でも限定発売なので、今回買いそびれると、また幻のモデルとなってしまうかもしれないので、
発売と同時に注文して入手しました。

Dsc03029

寝台車

Dsc03030

荷物車

Dsc03036_2

照明も美しい食堂車

さて、この客車セット、素晴らしいのですが、これを引く機関車が必要です。
メルクリンからは、旧王立ヴュルテンベルク邦有鉄道C型蒸気機関車の18.1型蒸気機関車が
同時に発売されているのですが、同じ18型の中では、あまり格好が良い方ではありません。
ラインゴルト用の旧王立バイエルン邦有鉄道S3/6型蒸気機関車の18.4型は、実に格好良く、
オリエント急行とも合いそうですが、もう一つ、旧バーデン大公国邦有鉄道IVh型蒸気機関車の
18.3型には、ブルーに塗装されたモデルがあるので、ブルーのオリエント急行にぴったしです。
ただし、このモデル39023は、2012年のニュルンベルクのメッセの超限定モデルなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

メルクリンのレイアウト作成

今日は、メルクリンのレイアウトを一旦仕舞うことにしました。
上手く分解出来る形でレイアウト台をつくったのですが、
ここでは、順番を逆にして、レイアウトが出来上がるプロセスをお見せしましょう。

P1030192_2  P1030191 

レイアウト台の足は、分解して、クローゼットの上のデッドスペースに仕舞えます。
コの字型の足と、噛み合わせの歯をつけた支え棒と組み合わせて、レイアウト台を作ります。

P1030189  P1030188

コの字型の足と、支え棒は挿むだけなので、分解、組み立ては何度でも可能です。
また、組み合わせの仕方で、好きなサイズの台を組み立てることが可能です。
足場が出来たら、5mm厚の板段ボールを載せます。今回は、600mmx900mmを4枚と
600mmx1200mmを1枚組み合わせて、全体で、2400mmx1200mmの広さにしました。

P1030186  P1030184

濃いグリーンの切り売りカーペットを敷いて、背景に、FALLER社の風景ポスターを貼ります。

P1030183  P1030179

まずは、デジタル仕様のCトラックを敷き詰め、引き込み線の部分は、昔のMトラックで補完します。

P1030178  P1030144

アナログ運転用の信号機の設置や、その他の配線をして、駅やホームのストラクチャーを置いて完了。
デジタルの18型、アナログの01型、デジタルの重油仕様の01-10型、デジタル化したアナログ時代の01型が、
ホームに勢揃いしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

メルクリン 全面的にデジタルへ移行

鉄道レイアウトにフィギュアを追加するとリアリティが増しますね。
M式レールはアナログ専用線、デジタルはC式レールで運行していました。

Dsc00495

Dsc00505

しかし、プラスチック道床の安定性は抜群なので、基本レイアウトは全てC式にして、
全面的にデジタルへ移行することにしました。
但し、車両を退避させる引き込み線はM式レールのポイント類を活用しました。
また、アナログ車両も走らせる様に、アナログの信号機も設置しました。

Dsc02378

機関車も、TEE牽引用の103型電気機関車とV200ディーゼル機関車を、
隅田川を下ったところにあるメルクリンショップでデジタル化してもらいました。

そして、昔からもっていた急行列車用客車の牽引用としてアナログの01型蒸気機関車
憧れだった3048番をドイツからオークションで購入しました。
オリジナルの箱入りでかなり状態のいいもので、車両番号は01 097です。
これも、メルクリンショップでデジタル化をお願いしました。
蒸気機関車ですから、ぜひともmfxでサウンド化したかったのですが、
相性の問題なのか、デジタル化は出来ても、サウンド化はできませんでした。

Dsc02375

昨年秋の限定品として、30080番という昔の01型(旧番号3008だが実質は3048)の復刻版が
デジタルで発売されたのですが、こちらも、サウンドは無しですので、同じになりました。
但し、復刻版は車両番号は違っています。

3048番が絶版になった後、PRIMEXという廉価版のブランドで、01型の販売が再開されました。
殆ど3048番と同じですが、車両番号は01 081になっています。こちらも手に入れました。
但し、こちらはデジタル化せず、アナログで走らせています。

Dsc02377

いろいろドイツのオークションを見ていたら戦前のラインゴルトの客車セットを見つけました。
ブリキ製で重厚感があり、テーブルのライトが光る優雅な客車セットです。
4両の客車と
荷物車の5両セットになっています。

Dsc02373

PRIMEXの01型をデジタル化して牽引させてもよいのですが、サウンド化できないことと、
戦後のブンデスバーンの機関車に、戦前のライヒスバーンの客車を引きせるのも問題なので、
サウンドの出るライヒスバーンのラインゴルト用の蒸気機関車も手に入れてしまいました。
元バイエルン王国鉄道のS3/6型で、ライヒスバーンのBR18.4型です。

Dsc02372

デジタル化のメリットとしは、アナログよりも、より低速で安定した走りが出来ること。
もちろん、信号を使わなくても個別に速度コントロールが出来ますから、
赤信号で急停車することもありません。
また、アナログの信号機を併用することで、デジタルの機関車を赤信号の退避線に置けば、
アナログ信号を流しても動き出すことはないので、そのままアナログ車両も走らせられます。

全面デジタルでこんな走りになりました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)